図解表現/印象づける報告書・プレゼン資料
TOPページ 内容 実績 FAQ 参加者の声・講師 著作・記事

「わかった!」と言わせるわかりやすいビジュアル文書

  −書体・文字サイズの使い分けとその理由、効果的な見出しから
   レイアウトまで


こんな場合に
・取り上げる材料を寄せ集めただけのプレゼンテーション資料になっている
・パワーポイントで作る資料とワードで作る資料の違いを身につけたい。
・1ページ1ページの資料はきれいに作られているが、
 相手から納得を引き出すことにつながらない。

    ●ねらい
    ・ビジネスの場で作成する報告書・レポートなどを、
     見やすくわかりやすいものにするために、
     さまざまなビジュアル表現を活用する方法を身につけます。
    ●特長
    ・単なるWordの操作にとどまらず、
     「どうしたらよいのか」だけでなく、
     「なぜそうする必要があるのか」まで踏み込んで
     身につけることによって、
     実践の場での応用能力を身につける。
    ・講師が一方的に話すのではなく、参加者が自ら考え、
     手を動かし、講師と積極的に交流することによって
     自らのまとめ方を見直す。
    ・講師が、さまざまな企業・団体の社内・社外文書について
     千を超える事例とアドバイスの実績に基づき、
     ひとりひとりに対して指導コメントを行う。
    ●講師
     飯田英明((有)メディアハウスA&S 取締役)

■カリキュラム(例)

     
    午前
    午後
    1日目
    ◎オリエンテーション
    ・研修のねらいと進め方
    ◎ビジュアル化で文書はこうなる
    ◎ビジュアル文書の基本
    ◎構成要素をビジュアル化す

    ・見出しはゴシック体、
     本文は明朝体
    ・最適な文字の大きさは
    ・効果的な見出し表現と
     ビジュアル化
    ◎レイアウトの基本
    ・ビジネス文書における
     ビジュアル化の意味
    ・文書の与える印象と、
     その効果
    ◎ページをレイアウトする
    ・4つのルール
     「まとめる、そろ える、
      くりかえす、
      メリハリをつける」
    ◎文書としてまとめる
    ・表紙と目次
    ・統一レイアウトの採用
    ◎個別演習
    (*パソコン使用も可)
    ◎まとめ

■他の研修・講演の案内

 


| TOPページ | 内容 | 実績 | FAQ | 参加者の声・講師 | 著作・記事 |
Copyright(C)1999-2007 MediaHouseA&S Co. All rights reserved.
メールはm-hmail@nifty.comまで