図解表現/印象づける報告書・プレゼン資料
TOPページ 内容 実績 FAQ 参加者の声・講師 著作・記事

「わかった!」と言わせるプレゼン資料作成の実践

  −持参した資料を練り直すことで説得力スキルアップ!−


こんな場合に
・取り上げる材料を寄せ集めただけのプレゼンテーション資料になっている
・パワーポイントで作る資料とワードで作る資料の違いを身につけたい。
・1ページ1ページの資料はきれいに作られているが、
 相手から納得を引き出すことにつながらない。

    ●ねらい
    ・情報を提示するだけの一方的な
     説明から、相手から納得を引き
     出し成果につなげるプレゼンテ
     ーションができる。
    ・パターン化した組立ではなく、
     相手と目的にあわせた説明・説
     得のためのストーリー展開、そ
     れに基づく資料の作成と説明が
     できる。
    ●特長
    ・参加者ひとりひとりが実際の業
     務で作成した(あるいはこれか
     ら作成しようとしている)資料
     を持参し、事例として取り上げ
     作り直し、発表し、討議すると
     いう作業を通してより説得力の
     ある説明にする方法を身につけ
     る。
    ・できあいのパターンにあてはめ
     るのではなく参加者が仕事で抱
     える個々のケースにあわせて、
     講師の個別コンサルティング方
     式を交えて作りかえていくこと
     により実践的なシナリオメイキ
     ングから表現までを一貫して行
     う。

    相手と目的にあわせたストーリー展開で相手から納得を引き出すスキルを

    ●講師
     飯田英明((有)メディアハウスA&S 取締役)

■カリキュラム(例)

     
    午前
    午後
    1日目
    ◎オリエンテーション
    ・研修のねらいと進め方
    ◎説得力を高めるプレゼンテ
    ーション
    ・プレゼンにおける資料
    ・ゴール(目的)の設定と
     データの収集
    ・説得力のあるストーリーの
     まとめ方
    ◎説得力を高めるプレゼンテーション(続き)
    ・説得力のあるストーリーの
     まとめ方
    ・プレゼン資料はここを
     押さえる
    ◎持参資料のブラッシュ
    アップ
    ・各自の個別演習
     (*パソコン使用も可)
    ◎ワークショップ
     ・発表と討論
    2日目
    ◎説得力を高めるプレゼンテ
    ーション(続き)
    ・うまくいくカラーの使い方
    ・イメージ先行の表現から、
     メッセージを伝えるため
     の表現へ
    ◎持参資料のブラッシュ
    アップ
    ・各自の個別演習
    (*パソコン使用も可)

    ◎ワークショップ
    ・発表と討論
    ◎まとめ
    ・納得を引き出す
     コミュニケーション


■他の研修・講演の案内


| TOPページ | 内容 | 実績 | FAQ | 参加者の声・講師 | 著作・記事 |
Copyright(C)1999-2007 MediaHouseA&S Co. All rights reserved.
メールはm-hmail@nifty.comまで